« 劇作家協会新人戯曲賞は横山拓也 | トップページ | 朝日賞に野田秀樹 »

2010.01.02

朝日新聞演劇回顧2009

恒例の朝日新聞の回顧2009「演劇」が12月7日の朝刊に掲載された。サブタイトルは「相次いだ超大作 満ちる祝祭感 元気な公共劇場 競争時代到来」というもの。「超大作」「祝祭」「公共劇場」の三題噺のような一年と締めくくっている。

以下、三人が選んだ「私の3点」

●大笹吉雄(演劇評論家)
・新国立劇場「ヘンリー六世」3部作(シェークスピア作、小田島雄志訳、鵜山仁演出)
・ホリプロ「炎の人」(三好十郎作、栗山民也演出)
・世田谷パブリックシアター「奇ッ怪――小泉八雲から聞いた話」(前川知大構成・脚本・演出)

●扇田昭彦(演劇評論家)
・「ヘンリー六世」
・蜷川幸雄の演出(「ムサシ」「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」「アンドゥ家の一夜」「コースト・オブ・ユートピア」3部作など)
・フェスティバル/トーキョーでのリミニ・プロトコルの公演(「カール・マルクス:資本論、第一巻」「Cargo Tokyo-Yokohama」)

●徳永京子(演劇ジャーナリスト)
・ままごと「わが星」(柴幸男作・演出)
・フェスティバル/トーキョー「4.48サイコシス」(サラ・ケイン作、飴屋法水演出)
・さいたまゴールド・シアター「アンドゥ家の一夜」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作、蜷川幸雄演出)

なんとなくだが、大御所中心に演劇界が回っているような気がする。若手の活躍は伝えられてはいるが、大きなインパクトとなっていないうちに、世代交代が進んでしまったような・・・。ある人が「演劇の情報発信力が衰えている」と評していたが、当演劇情報発信サイトもその感がある。演劇界全体のパワーアップを期待したい。

asahi.com
http://www.asahi.com/showbiz/stage/theater/TKY200912070127.html

|

« 劇作家協会新人戯曲賞は横山拓也 | トップページ | 朝日賞に野田秀樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170590/47180827

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞演劇回顧2009:

« 劇作家協会新人戯曲賞は横山拓也 | トップページ | 朝日賞に野田秀樹 »