« たったひとつの「優良児童劇巡回事業」 | トップページ | 大問題!芸術仕分けられ論争! »

2009.11.18

白水社から内田洋一責任編集「野田秀樹」

白水社から内田洋一の責任編集による「野田秀樹」が発売となった。これは「日本の演劇人シリーズ」の第一弾。税込2,625円。

この本には、野田へのインタビューや幻の処女作「アイと死を見つめて」が収められている。また、東大新聞連載評論を初掲載。生まれ故郷やロンドン公演への取材も行っている。以下、白水社の紹介文。

■国際的演劇人の姿に迫る
 国際的に活躍する演劇人の姿に迫る、ファン必読の書。これまでの類書と異なり、触れられることの少なかった野田秀樹の故郷を訪ね、創造の原風景を明らかにしながら、夢の遊眠社旗揚げ以前の軌跡に光を当てる。同時に「THE BEE(蜂)」のロンドン公演の現地取材から、高い評価を得るにいたった作品の制作過程なども明らかにしていく。ロンドンでのインタビューで野田が答えた「文化というのは摩擦の中でしか生まれない」という一言は、常に演劇的言語を探求する劇作家の態度を象徴しているだろう。併せて、これまで途切れることなく書きつづられてきた演劇ノート「劇誌」のロンドンバージョンも公開、制作にあたっての熱い胸中を吐露している。もうひとつの「目玉」は、何と言ってもいまや伝説となっている初期未刊作品を収録したことだ。一九七二年、十六歳夏に書かれた処女戯曲「アイと死をみつめて」、高校文化祭のクラス演劇のための「ひかりごけ」は、その後の秀作の起点ともなるものだ。また東大新聞に連載した唯一の演劇論「演劇進化論序説」も必見で、盛りだくさんの内容にあふれている。

白水社「野田秀樹【シリーズ:日本の演劇人】
http://www.hakusuisha.co.jp/detail/index.php?pro_id=09411
ちょっと立ち読み「野田秀樹」(第一章「ロンドンの野田秀樹」より)
http://www.hakusuisha.co.jp/topics/09411.php

|

« たったひとつの「優良児童劇巡回事業」 | トップページ | 大問題!芸術仕分けられ論争! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170590/46792846

この記事へのトラックバック一覧です: 白水社から内田洋一責任編集「野田秀樹」:

« たったひとつの「優良児童劇巡回事業」 | トップページ | 大問題!芸術仕分けられ論争! »