« Livespire第5弾は「愛と青春の宝塚」 | トップページ | さいたまGTvol.3は蜷川×ケラ »

2009.04.20

ぴあテン・えんぶチャート比較'09

3月19日発売の「ぴあ4月2日号」はぴあテン'08-'09を発表した。映画の1位は「花より男子ファイナル」だったが、舞台部門は新感線のワンツーフィニッシュとなった。

演劇ぶっくのえんぶチャート2008は「演劇ぶっく4月号」(138号)に掲載(3月9日発売)。作品チャートで新感線の2作品を抑えてキャラメルボックスが一位となった。なお、2008年の演劇賞を総ナメにした「焼肉ドラゴン」は62位。

演劇ぶっく
http://www.rakuten.co.jp/enbu/
ぴあテン
http://www.pia.co.jp/piaten/

■ぴあテン'08-'09
1、「五右衛門ロック」新感線☆RX
2、「IZO」新感線プロデュースいのうえ歌舞伎☆號
3、「Endless SHOCK」東宝(堂本光一主演)
4、「グリース」フジテレビ(生田斗真主演)
5、「雨に唄えば」宝塚歌劇宙組
6、「赤と黒」宝塚歌劇星組
7、「THE SCARLET PIMPERNEL」宝塚歌劇星組
8、「グッドナイトスリイプタイト」パルコ
9、「ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち~」日生劇場
10、「ウェストサイド物語」四季
11、「SISTERS」パルコ
12、「RENT」東宝
13、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」パルコ
14、「エリザベート」東宝
15、「ミス・サイゴン」東宝
16、「ライオンキング」四季
17、「ウィキッド」四季
18、「テニスの王子様」ネルケプランニング
19、「オペラ座の怪人」指揮
20、「舞台は夢 イリュージョン・コミック」新国立劇場

■「作品チャート」(えんぶチャート2008)
1、「きみがいた時間ぼくのいく時間」キャラメルボックス
2、「IZO」新感線プロデュースいのうえ歌舞伎☆號
3、「五右衛門ロック」新感線☆RX
4、「ウーマン・イン・ブラック」パルコ
5.「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」パルコ
6、「表裏源内蛙合戦」シアターコクーン
7、「女教師は二度抱かれた」シアターコクーン
8、「シャープさんフラットさん」ナイロン100℃
9、「THE DIVER(現代能楽集IV)」世田谷パブリックシアター
10、「黒猫」TBS
11、「DROP」小林賢太郎ソロ
12、「七人は僕の恋人」ウーマンリブ
13、「水平線の歩き方」キャラメルボックス
14、「キル」NODA・MAP
15、「TRIUMPH」K.K.P.(小林賢太郎)
16、「君の心臓の鼓動が聞こえる場所」キャラメルボックス
17、「ベントラー・ベントラー・ベントラー」Piper
18、「昭和島ウォーカー」パルコ+東京グローブ座
19、「人形の家」シス・カンパニー
20、「恐竜と隣人のポルカ」パルコ

■「俳優チャート」(えんぶチャート2008)
1、上川隆也(キャラメルボックス)
2、古田新太(新感線)
3、岡田達也(キャラメルボックス)
4、堤真一
5、森田剛
6、阿部サダヲ
7、小林賢太郎(ラーメンズ)
8、宮沢りえ
9、粟根まこと(新感線)
10、森山未來
11、松たか子
12、深津絵里
13、片桐仁(ラーメンズ)
14、大倉孝二(ナイロン100℃)
15、橋本じゅん(新感線)
16、勝村政信
17、戸次重幸(TEAM NACS)
18、山内圭哉(Piper)
19、藤谷文子
20、高橋一生

|

« Livespire第5弾は「愛と青春の宝塚」 | トップページ | さいたまGTvol.3は蜷川×ケラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170590/44728186

この記事へのトラックバック一覧です: ぴあテン・えんぶチャート比較'09:

« Livespire第5弾は「愛と青春の宝塚」 | トップページ | さいたまGTvol.3は蜷川×ケラ »